Event

【香川県 首都圏交流会】香川で自分の仕事を“つくる”ということ

  • 2018年2月21日(水) 18:30~21:30(開場18:00)
  • SENQ霞が関(東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル2F)
    東京メトロ「虎ノ門」駅 徒歩1分・「霞ケ関」駅 徒歩3分

東京で考える、香川で・地域で、自分の仕事を“つくる”ということ。

首都圏在住で、地域での暮らし方・働き方に関心をお持ちの方。
香川で暮らすこと・働くことをぼんやりと選択肢にお持ちの方。
自分の大切にする価値観や豊かさが、ローカルな生き方でより満たされるかも…そんな予感をお持ちの方。

都心部の大企業で定年まで勤め上げることが豊かという実感が乏しくなっている今、
「何か違う」と感じながら、新しいキャリアやライフスタイルの在り方を模索されている方も多いのではないでしょうか。

今回は、「香川で自分の仕事を“つくる”」をテーマに、
今香川県で新しいキャリア・ライフスタイルをつくり出す、
3名のゲストの方を交え、「香川県 首都圏交流会」を開催します。

 

香川県、延いてはローカルな生き方に関心を持つ理由はいくつもあります。
その中でも、「どのように働くか」は多くの人が深く考えるテーマです。

「移住」や「就業」できれば良いというわけではありません。
その延長線上にある、新しい働き方・豊かな生き方。
自分のやりたい仕事をやれる場・選択肢が求められているのだと思います。

ただ、ひとつの生き方の“正解”があるわけではありません。
ひとりひとりの境遇や大切にする想いは違って当たり前。
その想いを実現する方法や選択肢もまた多様にあります。

今回は、ご参加いただくみなさまに何かしらのヒントになる、
香川で「自分の仕事をつくる」ことを実践し、
最先端の働き方をする三者三様のゲストをお招きします。
みなさま、東京で勤めた経験を持ちながら、今香川で自分の仕事をつくられています。

・東京で勤めながら香川での仕事をつくる
・サラリーマンをしながら小さく自分の事業を立ち上げる
・子育てをしながら仕事をつくる
・パラレルワークをする
・ふるさとに昔から続く工芸をリデザインする
・地元の産業を復興する
‥‥

ご参加いただくみなさまにも関心の高いテーマに取り組む
ゲストの活動や想いに触れ、そして直につながることを通じて、
“自分の仕事をつくる”ことについて考える時間を設けてみませんか。

ひとりひとりの生き方の選択肢、地域との関わり方の選択肢を増やしていただく機会になればと思います。

「香川×仕事をつくる」ことにご関心をお持ちの方、ぜひお気軽に足をお運びくださいませ。

 

※ 香川県出身の方はもちろんですが、香川をはじめとした地域に関心のある方、徳倉さんや松下さんや石野さんの活動に関心のある方のご参加も大歓迎です。

※必ずしも、独立や起業を具体的に志す方のみを対象としているわけではございません。
・地域で生きる選択肢を増やしたいとお考えの方
・独立や起業等はよく分からないがぼんやりと関心をお持ちの方
このような方のご参加も歓迎です。

 

【ゲスト】

  • 徳倉 康之さん(株式会社ファミーリエ 代表取締役/合同会社OSアカデミア 共同代表)
    1979年生まれ、香川県高松市出身。
    法政大学法学部卒業後、約10年間大手日用雑貨メーカーで法人営業を担当。
    2009年に長男誕生後、総合病院勤務医として働く妻と互いにキャリアや働き方を相談し自身が8ヶ月の育児休業を取得し働き方・意識の大きな変化が生まれ家庭を重視し、効率的な働き方をする事で業績にも連動する事を経験。
    後に次男・長女と生まれそれぞれに3ヵ月の育児休業を取得。2011年にNPO法人ファザーリング・ジャパン会員、後に転職し同法人事務局長に就任しソーシャルセクターで講演活動の他、営業・広報・組織運営・行政協働案件・企業協働案件に携わる。2013年に同法人理事に就任と同時に独立、現在に至る。
    企業・自治体・大学・高校・医療機関等での講演、セミナーを中心に活動。現在は内閣府子ども子育て会議委員、内閣府男女共同参画連携推進会議有識者議員、高松市特定事業主行動計画アドバイザー等を務める。
    http://familie-jp.net/profile/
  • 松下 文さん(株式会社エイトワン tet.事業部 tet.ブランドマネージャー)
    1987年生まれ、香川県東かがわ市出身。
    立命館大学経営学部卒業後、大手家電メーカーに入社し、営業や事業企画・商品企画を担当。
    2015年に地元への恩返しを胸にUターンし、㈱エイトワンの新規事業として香川県東かがわ市発のプロジェクト、tet.(テト)をスタート。日本一の手袋の産地である東かがわ市で作られる手袋を中心としたオリジナル商品を展開し、産地の今を伝える活動に取り組む。
    http://te-t.jp/about/
  • 石野 雅俊さん(サラリーマン×せとうちラボラトリー)
    1991年生まれ、香川県高松市出身。
    慶應義塾大学卒業後、都市銀行にて法人営業を担当。現在は、人材紹介会社に転職し、サラリーマンと個人事業(せとうちラボラトリー)の二足の草鞋を実践中。
    「和三盆をもっと多くの方に知ってほしい」そんな思いから始まった個人事業は、干菓子ブランド「HIYORI」の運営に加え、2018年には、サトウキビの生育、糖蜜の販売、和三盆や糖蜜を使ったお菓子の企画・販売といった事業も展開していきます。
    https://www.sanuki-hiyori.net/

 

タイムスケジュール(予定)

 18:30 開会

 18:45 徳倉さん・松下さん・石野さんからのピッチトーク

 19:15 ゲストを囲んだ座談会

 20:30 ゲスト・参加者と自由に語る交流会

 21:30 閉会

 ※ 会の途中からのご参加も可能です。

 

New Event