Event

四国女子会 -私らしく夢に近づくための、一歩をふみ出す2日間-

  • 2017年11月18日(土) 13:30~17:15(開場13:00)/ 18:00~20:30(懇親会)
    2017年11月19日(日) 09:30~12:30
    ※2日間通しのプログラムとなります。
    ※2日目の会の終了後、自由参加で仁尾町のまちあるきを予定しています。
  • 松賀屋(香川県三豊市仁尾町仁尾丁980)
    http://sharevillage.jp/nio

S__36044802

私らしく夢に近づくための、一歩をふみ出す2日間

 

地域での活動や悩みを女性だけで共有し合える機会、
四国内でのいろいろな活動をする女性の横のつながり・仲間・コミュニティ。
地域で活動する女性には、意外とこうした場が少ないものです。

四国女子会は、想いを抱く四国の女性の新しい一歩を後押しする会です。

会の目標は、「女性らしく生きること×自分の夢の実現」の両立。
一方を諦めるのではなく、両方を実現する道はないものか。
・結婚や子育てとどう向き合ってきたか
・自分の活動をどのように軌道に乗せてきたか
その両者をいっしょに後押しすることを通じ、
ひとりひとりに合った新しい一歩を見つけるきっかけの場をつくります。

 

● 夢の再確認
日常に追われる中で置き去りになっている、
叶えたい夢、達成したい目標。
小さくとも内からの熱を持った女性に、
改めて自分としっかりと向き合い、
共感し合える女性同士で語り合う時間をつくることで、
自分の想いを改めて見える化します。

● 仲間に出会う
男性がいるとなかなか言えない弱音や悩みを共有し合うことで、
「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」という安心感や、
高めあえる関係、次につながる原動力のようなものが生まれる、
四国という共通の土台を持つ女性の
ゆるやかで共感値の高いコミュニティを作ります。

● きっかけをつくる
多様なキーパーソンの活動や想いに触れながら、
会話の中で考えを整理し、率直な意見を交わすことで、
いろいろな選択肢を知り、小さな自信を育み、
新しく自分らしい一歩を踏み出すきっかけをつくります。
会には、四国内の多種多様な活動をするキーパーソンが一同に会します。
四国には、「女性らしく生きること×自分の夢を実現」を両立し、
自分らしい生き方・ライフスタイルを作り出す輝く女性がいます。
そんな一歩先を行く女性たちと、
実際に語り合い・相談し・つながり合える機会は多くはないもの。
様々な活動をするゲストが集うことで、
気づきや刺激が多様な角度から得られ、
直接の密な交流を通じて深いつながりをつくる場にします。

 

【ゲスト】

  • 山﨑 知子さん(Limone)
    「無農薬栽培した柑橘でお酒造りがしたい」その想いから脱サラして関東から大三島に夫婦でIターン就農。Limoneでは、有機JAS認証取得。子育ての傍ら、自然と向き合いながらこだわりの柑橘類の栽培と柑橘類を使用したお菓子やお酒を製造販売。1児の母。
    http://www.limone2.com/profile/
  • 福井 順子さん(Webデザイナー/特定非営利活動法人 男木島図書館 理事長)
    福島県出身、大阪芸術大学を卒業後、WEB制作会社にデザイナー/ディレクターとして勤務。 2014年に夫の地元である男木島に移住し、私設図書館を運営。地域に根付き、人との場の繋がりを生み出すこと、そして知識を平等に分け与える場を創ることを活動理念としている。1児の母。
    http://nukagajunko.com/
  • 西岡 さち子さん(有限会社 西岡産業)
    日本の中でも甘いいちごを育てやすい気候条件に恵まれた、古くからのいちごの産地、徳島で家族代々続くいちご農家の4代目。「子どもに食べさせてたいものをつくる」がコンセプト。大学卒業後、東京で働いていたが、東日本大震災を機に地元徳島・勝占へUターン。食の豊かさや食の安全の大切さを再確認し、農業の道へ。1児の母。
    http://nishioka3gyou.com/
  • 加藤 千晴さん(Webデザイナー/ノヤマカンパニー)
    山口県下松市出身。大学で農村の水辺の生きものについて研究した後、環境保護団体職員に。魚やタカの調査、自然の豊かさを評価する方法の研究などにかかわった後、web制作会社に転職。2015年3月末、家族で夫の実家がある愛媛県にほぼUターン。地域おこし協力隊の夫としごとと暮らしのDIYに励み中。2017年4月から森のようちえんhütteの活動をスタート。2児の母。
    http://kato-kobanashi.hatenablog.com/
  • 上野 伊代さん(地域コーディネーター)
    四国女子会の生みの親。三年間の須崎市地域おこし協力隊期間を経て、現在は地域コーディネーターとして活動。様々なイベントや場づくりを企画・運営したり、ポスターやチラシの制作まで、活動は多岐にわたる。人々のよりどころとなるゆるやかなコミュニティを作り、地域を楽しく、たくさんの人の「自分らしく」を支えている。
    http://www.shikoku.meti.go.jp/shikokubito/interview/56/
  • 大美 光代さん(base colors 代表)
    2015年3月、大手通信会社を退職。自分らしい生き方や家族との自由な時間を得るべく、小さくても自分の生業を持つことを目的にフリーランスに。仕事もプライベートも「楽しむ」ことを最優先に、前職で培ったコミュニケーション力や育成力を活かし、地域の人材育成事業等にも携わる。1980年生まれ、1児の母。
    http://mamasola.net/?p=56724
  • 山地 美奈さん(フリーライター)
    香川県在住、編集者兼ライター。地元タウン誌での編集に携わり、もっと視野を広げ、大好きな仕事をもっと長く続けたいという思いから、2016年秋よりフリーで活動をスタート。2017年1月に「PR.kagawa」と題した、自費出版の雑誌を取材&制作。SNSだけの告知で、777冊を1週間で完売。現在は県内外問わず、ご依頼があれば活動する、自由奔放なフリーライター。日々、県内のどこかしらでCoffeeを飲んでいる讃岐っ子。
  • 松下 文さん(テト ブランドマネージャー)
    1987年香川県東かがわ市生まれ。2010立命館大学経営学部卒業後、大手家電メーカーに入社し、営業や商品企画に携わる。2015年地元への恩返しを胸に、㈱エイトワンの新規事業に参画。香川県東かがわ市発の新プロジェクトとして、tet.(テト)をスタート。日本一の手袋の産地である東かがわで作られる手袋や、手にまつわるオリジナル商品を展開していくとともに、産地の今を伝える活動に取り組んでいます。
    http://te-t.jp/

 

【タイムスケジュール(予定。変更の可能性有)】

<1日目>
13:00~ 受付(開場)
13:30~14:00 ゲストによる活動紹介
14:00~14:30 参加者による自己紹介
14:45~15:30 グループトーク①
15:45~16:30 グループトーク②
16:30~17:15 振り返りの時間
18:00~20:30 交流会(松賀屋にて)

<2日目>
09:30~10:30 ゲスト講師の講演(Limone 山﨑知子さん/男木島図書館 福井順子さん/ノヤマカンパニー 加藤千晴さん)
10:30~11:30 個人ワーク(悩み・課題解決に向けた行動の検討と考案/ゲストへの個別相談)
11:30~12:10 行動宣言
12:10~12:30 終わりの挨拶・集合写真 解散

13:30~14:30 仁尾町まちぶら歩き(自由参加)

New Event